労災施術

このようなお悩みはありませんか?
  1. 労災保険が使用できます
  2. 交通事故で労災保険が使用できます
  3. 労災指定の接骨院です
  4. 整形外科との連携もしています
  5. 労災保険で通院されている方も多いです

怪我から来院までの流れ

労働者は仕事中のケガや通勤途中のケガに対して、労働者災害補償保険法に基づく労災保険の保障を受けることが可能です。労災保険を利用することで、治療費などの負担金を一切かけずに施術を受けることができます。

通常、仕事上や通勤途中のケガは労災保険の適用範囲に含まれます。労働災害や通勤災害とは、深刻なケガだけでなく、業務や通勤に起因するケガが基本的に労災として扱われます。さらに、実際に作業中でなくても、休憩時間出張中の移動宿泊など、使用者の支配下にある活動も「業務上」に含まれる場合があります。


ステップ1

仕事中や通勤中にケガをした場合、まずは速やかに会社に報告しましょう。その後、労災保険の申請書類を作成します。緊急な治療が必要な場合でも、できるだけ早く会社への報告を行い、労災である旨を病院に伝え、健康保険は使用せずに病院の指示に従って会計をしましょう。会社には労災用紙の記入を依頼しましょう。

必要な書類はこちらからダウンロードし、会社に提出してください。

ステップ2

SBC東京接骨院にお電話(050-3773-7200)までご連絡いただき、労災保険の利用を伝えてください。

  1. お電話でご予約と症状の確認を行います。
  2. 当院に来院いただき、カウンセリングと検査を実施します。
  3. お一人お一人の症状に合わせた丁寧な施術を行います。
  4. 次回のご予約を取りながら、施術を終了します。労災保険の場合、窓口負担はゼロ円です。

労災保険の施術とは?

労災保険は、労働者が仕事中や通勤途中に発生したケガや疾患に対する保護制度です。通常の健康保険とは異なり、労災保険は労働者と事業主が負担し、労働災害に備えるためのものです。労災保険は、労働者が安心して仕事を行える環境を確保し、労働災害や職業病による被害を最小限に抑えることを目的としています。

労災保険は、雇用形態に関係なく、正社員、アルバイト、パート勤務など、すべての労働者に適用される重要な制度です。労災保険は、さまざまなケガや疾患に対する医療費やリハビリテーションをカバーし、労働者の健康をサポートします。また、手術後のリハビリテーションにも労災保険が適用されます。これにより、労働者が安心して必要な治療やリハビリを受けることができます。

労災保険のQ&A

◎施術費は?

労災保険が適用になりますと自己負担金は0円となります。

◎手続きは?

労働災害用紙は、業務上の労働災害や通勤中の労働災害に関する事案を文書化するために使用される重要な文書です。この文書は、労働災害に関する情報を正確かつ体系的に記録し、必要な医療や保険の手続きを円滑に行うために重要です。労働災害用紙には、事故の発生日時や場所、事故の概要、被害者の情報、目撃者の情報などが記載されます。これにより、事故の詳細な経緯や被害者の状況が明確になり、適切な対応が行われます。

「柔道整復師用」の労災用紙を入手する際には、通常、お勤めの会社や雇用主から提供されることが一般的です。この用紙は、通常、事業主や人事部門などによって労働者に提供され、必要な情報を記入し、形式に従って捺印を行うことが求められます。労働災害が発生した場合、早急に適切な手続きを行うために、労働者は適切な情報を提供し、労働災害用紙を適切に記入することが重要です。

労災用紙には、労働災害が発生した日時、場所、事故の状況、被害箇所の状態、そして治療に関する情報などが記入されます。これらの情報は、労働者が労災保険の給付を申請する際や医療処置を受ける際に使用されます。労災用紙に正確で完全な情報を記入することは非常に重要です。

労働災害が発生した場合、すぐに雇用主や人事部門に連絡し、適切な手続きを行うことが重要です。労災用紙を入手し、事案を正確に報告することで、必要な医療や保険の手続きを円滑に進めることができます。早めの対応が、労働者の安全と健康の確保につながりますので、遅れることなく手続きを行いましょう。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

労災施術5つの安心|SBC東京接骨院

  • 労災保険適用の場合、自己負担0円

    自賠責保険適用・窓口負担0円

    「労災保険」が適用になるケースは、「業務災害」と「通勤災害」の2つに分けられます。
    会社への報告や書類の手続きが必要になりますが、しっかりと手続きを行い、認定されれば自己負担がなく通院できますのでご安心ください。

  • 経験が豊富なスタッフが在籍

    SBC東京接骨院スタッフ

    私たちは整形外科クリニックでの勤務経験・知識が豊富なスタッフが揃っております。
    外傷から慢性的なお身体の不調まで対応させていただきます。

  • 労災保険を使っていいのか不安

    リーズナブルな価格設定で、 通いやすい!

    労災保険は通勤・労働に起因するものに限られております。
    逆に労災の怪我を隠して健康保険を使用することは健康保険法で禁止されています。
    もし発覚した場合は、会社、本人双方にペナルティが課される場合があるので、労働災害が起こった場合は、速やかに会社に報告して病院を受診しましょう。

  • 医師も携わる接骨院グループ。整形外科との連携もスムーズ

    聴診器とカルテ

    浦安にありますSBC東京接骨院は、SBC湘南美容クリニックの接骨院グループとして開院しました。医師も携わる接骨院なので、整形外科とも提携しております。

    痛みや不調など整形外科の判断が必要と思われる場合は、速やかに連携を取ります。お客様にとってベストな方法を選択し、一日でも早く回復出来るようサポートいたします。

  • 予約優先。土日祝も営業!

    施術

    予約優先でご案内しています。
    ご予約していただければ、痛みがあって辛いときも長時間待つ必要がありません。
    土日祝日も営業で昼休憩なく10時15分~19時までご予約を承っております。毎日ご都合の良い時間に通院していただくことが可能です。

お客様の声

足の痛み 30代男性

仕事中に足を痛め、労災を使いお世話になりました。
初めての労災を使用しての通院でしたが、丁寧に教えていただけて、治療も安心な施術でした。
足の痛みの良い方向に向かっています。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

手首の痛み 20代女性

仕事中に転倒し手をついてしまい、痛みが強くなり来院しました。
とても丁寧にご対応してくださり、痛みも良くなっています。
いつもありがとうございます。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る