腱鞘炎

このようなお悩みはありませんか?
  1. 家事をしていると手首に痛みが出てくる
  2. マウスとキーボードを使うと痛みが出てくる
  3. 重いものを持つと痛みが出てくる
  4. スマホの操作中に持っている手が痛くなる
  5. 病院で腱鞘炎だと診断された
2023年11月14日浦安富士見にSBC東京接骨院浦安院がNEWOPEN!
1日3名様限定初回特別割引
通常5,500円が1,980円に!

腱鞘炎とは

別にぶつけたり、捻ったりしたわけでもないのに手首のあたりが痛い・・・。

重たいものを持つときに痛かったり、力が入りにくい・・・。

家事や育児がの際に手首がつらい・・・。

そんな手首の症状はありませんか?

痛みや症状の度合いには個人差がありますが、これらの手首の症状は腱鞘炎の可能性が考えられます。手首の親指側で起きる腱鞘炎は別名『ドケルバン病』といわれ、育児をしている主婦の方に多く発症し、手首を使用するときに痛みが生じます。症状が進行すると腫れが生じたり、手の動きが滑らかに動かないなどの症状も現れることがあります。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎が発生する原因は人によって異なりますが、多くの場合は手首の過度な使用が関与しています。手首を過度に使用することで、腱の通り道である腱鞘が腫れてしまい、動かすと痛みが生じるようになります。近年ではスマートフォンの使用過多による手や指の酷使も腱鞘炎を引き起こす原因の一つとなっています。

そもそも腱鞘炎が発症する根本的な原因は、姿勢不良に起因しています。SBC東京接骨院を訪れる腱鞘炎の患者さんの多くが、猫背の姿勢になっていることが多いです。猫背になると肩甲骨が外側に広がり、肩や腕の運動が制限されます。これにより手首だけを頻繁に使用してしまうことで負担がかかり、腱鞘炎が引き起こされる原因となります。

腱鞘炎になりやすい人は?

腱鞘炎になりやすい人にはいくつかの特徴があります。一般的な要因には以下のようなものが挙げられます

  1. 過度な使用: 高負荷の繰り返し作業や姿勢の悪化による手や手首の過度な使用は、腱鞘炎のリスクを高める可能性があります。
  2. 姿勢の問題: 姿勢の悪化や不適切な作業環境によって、手や手首の負担が増え、腱鞘炎の発症リスクが高まります。
  3. 筋力の不均衡: 特定の筋肉が強すぎるか、弱すぎる場合、手や手首に負担がかかりやすくなります。筋力の不均衡は腱鞘炎のリスク因子となります。
  4. 年齢: 年齢とともに組織の柔軟性や修復能力が低下し、腱鞘炎の発症リスクが高まる傾向があります。
  5. 生活習慣: 運動不足や身体の不健康な生活習慣は、腱鞘炎のリスクを増加させる可能性があります。

これらの要因は個々の人によって異なりますが、これらの要素を把握し、適切な予防策を取ることが重要です。

当院での腱鞘炎の治療法

腱鞘炎の症状を緩和するために整体を受けることは、効果的な方法の一つです。整体では、身体のバランスを整えて血液の流れを改善し、痛みを和らげることが期待されます。また、痛みの緩和だけでなく、生活習慣の見直しや予防策についてもアドバイスが提供されます。

腱鞘炎の方は、SBC東京接骨院で国家資格を持つ施術者による治療を受けてみてください。整体治療を通じて、痛みの緩和だけでなく、根本的な改善を目指すことができます。

腱鞘炎は予防できるの?

腱鞘炎を予防するには?

腱鞘炎を予防するためには、以下のような対策を取ることが重要です

  1. 適切な姿勢の維持: 長時間同じ姿勢で作業する場合は、姿勢を正しい姿勢に保つことが重要です。特に、デスクワークやコンピュータ作業をする場合は、デスクや椅子の高さを調整し、正しい姿勢を保つよう心がけましょう。
  2. 適度な休憩とストレッチ: 長時間同じ動作を続けると、筋肉や腱に負担がかかります。定期的に休憩を取り、ストレッチや筋肉の緊張をほぐすエクササイズを行うことで、負担を軽減できます。
  3. 適切な動作の習慣化: 姿勢や動作の中で、腕や手首に過度な負担をかけるような動作を避けることが重要です。物を持ち上げる際には、適切な姿勢を保ち、腕や手首に負担をかけないようにしましょう。
  4. 筋力トレーニング: 手首や腕の筋肉を強化するための筋力トレーニングを行うことで、腱や筋肉の負担を軽減し、腱鞘炎のリスクを低減できます。
  5. 適切なケア: 腱鞘炎の初期症状や異変を感じた場合は、適切な治療を受けることが重要です。症状を無視せずに早めに対処することで、悪化を防ぐことができます。

これらの予防策を実践することで、腱鞘炎のリスクを低減し、健康な生活を送ることができます。

〇腱鞘炎の初期症状を感じたら

症状が現れた場合は、その部位を無理に動かさずに静かにすることが肝心です。また、症状の原因を徹底的に調査し、適切な治療を受けることが再発を防ぐ上で不可欠です。

SBC東京接骨院では、患者様の痛みや不調の原因を丁寧に調査し、個々に最適な治療を提供しています。症状が現れたら、すぐにSBC東京接骨院にご相談いただき、適切な治療を受けることをお勧めします。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

SBC東京接骨院の腱鞘炎に対する施術

  • 丁寧なカウンセリングと検査

    丁寧な説明と対応!アフターフォローも充実しています。

    腱鞘炎の原因を特定するために、普段の日常生活やお仕事に関して詳しくカウンセリングします。姿勢の評価や検査、他に痛みの原因がないのか、普段はどのような姿勢・家事・仕事・スポーツなどしているか、体の負担に関して詳しく確認します。

    SBC東京接骨院では年齢に関係なく、痛みに対して原因を探し出し施術を行っていきます。

  • 検査に基づいた適切な施術

    SBC東京接骨院浦安院 渋田

    カウンセリングと検査の結果をもとに一人一人にあったオーダーメイドの施術を行います。
    また、炎症初期で痛みが強い場合などはハイボルト治療での鎮痛治療の選択肢もあります。

    腱鞘炎でお悩みの方はSBC東京接骨院にご相談ください。

  • 誰でも受けることができる優しい施術

    SBC東京接骨院スタッフ

    いわゆる矯正と聞くと骨をボキボキやったりなどの痛い整体や施術のイメージや衝撃が強いといったイメージがある方もいらっしゃるかと思います。
    しかしSBC東京接骨院の施術は優しい施術で、痛みもなく誰にでも受けていただけます。

    身体を根本から良くしたい!健康な身体作りをしたいという方は、是非SBC東京接骨院にご相談ください。

お客様の声

腱鞘炎 30代女性

腱鞘炎がひどく治療していただきました。
だいぶ痛みが改善しました。
対応も親切でいつも有難うございます。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

腱鞘炎 40代女性

手首の痛みが強く治療して頂いてます。
腱鞘炎と教えていただきました。
痛みも良くなっており、日常生活も楽になってきました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る