首こり

このようなお悩みはありませんか?
  1. 首こりで首が重い感じがする
  2. 首こりで動かすと首が痛い
  3. 首こりで頭痛が出る
  4. 首こりで寝違えたような感じがある
  5. 慢性的な首こりで諦めてしまっている

首こりの原因とは?

首こりが起きる主な原因は「日常生活での前のめり(前傾姿勢)」や「デスクワークやスマホ操作による猫背」によるものが多いです。

姿勢と首こりは大きな関係があります。姿勢不良の方は肩周りや肩甲骨の筋肉に過度な負担がかかり、猫背による背中の丸まりで鎖骨が硬くなり腕が回らなくなります。姿勢の歪みから首こりや痛みの原因となっています。
そして、首こりは、頭痛や眼精疲労を引き起こすきっかけとなっています。

そんな姿勢不良の要因となっているのは、デスクワークが多い方、スマホを良くみる方、など様々です。

最近は特に、スマホの使いすぎによる姿勢不良が多くお子さんも首こりや頭痛を訴えることも多いです。

大人にも子供にもいえますが、背骨や首周りには自律神経が通っているので、倦怠感や集中力の低下にも繋がったり、日常生活を過ごすことが精神的に辛くなる場合もあります。

当院の首こりの治療

当院では、首のこりの原因を正確に特定し、それに応じた治療を提供しています。初回の診察では、患者様の症状や身体の状態を詳しく検査していきます。

〇筋肉の硬さによる首こり

  1. 筋肉の緩和: 硬くなった首の筋肉を緩和するために、マッサージやストレッチ、温熱療法などを行います。これにより筋肉の血行が促進され、緊張が緩和されます。
  2. 姿勢の改善: 首のこりを引き起こす姿勢の問題を特定し、適切な姿勢の指導や猫背矯正などを行います。正しい姿勢を保つことで、首の負担を軽減し、筋肉の緊張を防ぎます。

〇骨盤の歪みによる首こり

  1. 骨盤の評価: 患者様の骨盤の位置や歪みを評価し、問題の特定を行います。触診などの手法を使用して、骨盤の状態を正確に把握します。
  2. 手技療法と調整: 骨盤の歪みを矯正するために、手技療法や調整を行います。整体療法やカイロプラクティックなどの手法を使用して、骨盤のバランスを修正し、身体の安定性を向上させます。

〇姿勢不良による首こり

  1. 姿勢の評価: 患者の姿勢を詳細に評価し、どの部分に問題があるかを特定します。肩の位置、背骨の曲がり、頭部の位置など、全体のバランスを確認します。
  2. 姿勢の矯正: 姿勢の悪さを改善するために、適切な姿勢矯正の方法が採用されます。整体療法やカイロプラクティックなどの手法を使用して、正しい姿勢を身に付けるための調整を行います。
  3. エクササイズとストレッチ: 適切な姿勢を維持するための筋力を向上させるためのエクササイズやストレッチを指導いたします。背中や首の筋肉を強化し、柔軟性を高めることで、姿勢の改善をサポートします。
  4. 生活習慣の改善: 姿勢の矯正だけでなく、日常生活での姿勢や動作の改善も重要です。デスクワークやスマートフォンを使用時の姿勢、または座り方などの習慣を見直し、健康な姿勢を保つようにします。

首のこりは睡眠障害の原因になります。首や肩の筋肉が長時間にわたって緊張することで、痛みや不快感が生じ、睡眠の質が低下する可能性があります。特に、寝ている間の姿勢や枕の高さが適切でない場合、首や肩に余分な負担がかかり、これが不眠症を引き起こす要因となることがあります。また、体のバランスが崩れている場合、筋肉が緊張し続け、リラックスした睡眠を妨げる可能性があります。

当院では、患者様の状態や要望に応じて、個別に合わせた治療を提供しています。首のこりや不眠症に対する効果的な治療法やアドバイスを提供し、より良い睡眠をサポートします。不眠症でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

首こりに関するQ&A

〇首こりって何?

首のこりは、特定の疾患ではなく、さまざまな原因によって引き起こされる症状です。一般的な原因としては、首や肩の筋肉の硬直や緊張が挙げられます。これが頭痛や痺れ、肩こりなどの不快な症状をもたらすことがあります。さらに、頸椎ヘルニアや胸郭出口症候群、呼吸器疾患など、他の健康問題と関連して首こりが生じることもあります。医師が対処しにくい症状の一つであり、接骨院では首こりに特化した施術が行われます。

〇首こりの原因は?その診断はどのようにするの?

首のこりは、特定の疾患ではなく、さまざまな原因によって引き起こされる症状です。一般的な原因としては、首や肩の筋肉の硬直や緊張が挙げられます。これが頭痛や痺れ、肩こりなどの不快な症状をもたらすことがあります。さらに、頸椎ヘルニアや胸郭出口症候群、呼吸器疾患など、他の健康問題と関連して首こりが生じることもあります。医師が対処しにくい症状の一つであり、接骨院では首こりに特化した施術が行われます。

〇首こりによる症状は?

首のこりが進むと、首、肩、腕、背中の痛みに加えて、頭痛や吐き気などの不快感が出現する可能性があります。さらに、腕のしびれや手足の冷えなどの感覚異常も発生することがあります。これらの症状が持続すると、不眠や体の疲労感、そして抑うつなどの精神的な症状が現れることがあります。

当院では、首のこりに関連する症状に対する適切な施術やケアを提供しています。土日・祝日も診療を行っていますので、いつでもお気軽にご相談ください。早めの診断と治療が症状の改善につながります。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

SBC東京接骨院の施術|浦安

  • 丁寧なカウンセリングと検査

    つらいお悩みの原因が一体どこからなのか、きちんとお話しを聞きながら、筋肉の硬さ、姿勢の確認、背骨や骨盤といった骨格の歪みなど細かく検査します。

  • ボキボキしない優しい施術

    肩や首など筋肉によるコリは筋肉を丁寧にほぐしていきます。骨盤の歪みは骨盤矯正が適しています。猫背によるものなら、猫背矯正を行います。

    お越しいただいた際には、まず姿勢をチェックし、肩や首のこり、頭痛の原因を特定します。眠りの質が悪い方は、肩周りの筋肉が夜間も緊張している可能性があります。

    炎症が強い場合は、素早く電気施術で取り除きます。

    身体に歪みがあると筋肉は絶えず緊張し、浅い睡眠につながります。浦安にお住まいで、つらいお悩みを抱えている方は、ぜひSBC東京接骨院にご相談ください。

  • 当接骨院はSBC湘南美容クリニックの接骨院グループです

    施術は国家資格者が担当します。身体の事を熟知しているので、安心してお任せください。また、医師の携わる接骨院なので、整形外科との連携もスムーズです。

首こりに関するQ&A★

首こりとは何でしょうか?

首こりとは病名ではありません。首筋や肩の筋肉が硬くなっていまい頭痛や痺れなどの症状が出る場合もあります。いわゆる症候群です。様々な症状で首こりが出ます。頸椎ヘルニア、胸郭出口症候群、呼吸器疾患、などでも首こりが出ます。首こりは医師では対応しにくい症状なので整骨院では首こりに徹底的に向き合います。

首こりの原因や診断はどのように行いますか?

首こりの原因は先ほどあげたように様々です。SBC東京接骨院ではまず姿勢のチェックをします。そこでどこからの原因で来ているのかを徹底的に調べます。

首こりで出てくる症状は何がありますか?

主な症状は首、肩、腕、背中の痛みですが、ひどくなってくると頭痛や吐き気なども伴います。ほかにも腕のしびれや手足の冷えなども出てきます。さらに進行すると不眠や体の脱力感や抑うつなども引き起こします。SBC東京接骨院では首こりは専門で得意な症状です。日曜も診療しておりますので是非ご連絡ください。

お客様の声

40代女性 肩こり、頭痛

デスクワークの仕事をしています。昔から肩こりと頭痛に悩んでおり、SBC東京接骨院で施術を受けました。他の接骨院や整体へ通っていたこともあったのですが、通院中は良くなるのですが、時間が経つと元に戻るため、治すのを諦めていました。
でも、ここで根本施術を行ってもらい、長年悩んでいた肩こり・頭痛が改善しました。
家でできるセルフケアや気を付けることを教えてもらいほとんど症状が出なくなりました。今後はメンテナンスとして続けていこうと思っています。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

40代男性 肩こり、首こり、頭痛

肩こり、首こりがひどく、頭痛も良く出るため、お世話になりました。
肩こり、首こりの原因は、姿勢悪く、猫背状態からきていると説明を受け治療してもらいました。
仕事を続けながら痛みが改善していくのか半信半疑でしたが、通院を続けていると頭痛あまりでなくなり、仕事でもストレスがたまらなくなりました。
これからもメンテナンスで通院します。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る