手・腕のしびれ

このようなお悩みはありませんか?
  1. たまに首や腕に痛みがでる
  2. 腕や手にピリピリした感覚がある
  3. 常に手の感覚がおかしく痺れている
  4. 腕に痺れがあり、物をうまく掴めない
  5. 手のしびれをなんとかしたい
2023年11月14日浦安富士見にSBC東京接骨院浦安院がNEWOPEN!
1日3名様限定初回特別割引
通常5,500円が1,980円に!

なんで腕や手にしびれがでるの?

腕や手にしびれが出る原因に関しては、その疾患により異なりますが、共通していえるのは主に姿勢不良による頸椎圧迫や神経圧迫が考えられます。

姿勢の悪さによる猫背や、現代社会で増加している「ストレートネック(スマホ首)」などは、頸椎(首の骨)や胸椎(胸の骨)に圧迫をかけ、椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群などの症状を引き起こすことがあります。

特にスポーツ選手などでは、肩甲骨や肩関節の可動域が制限されると、手首だけで衝撃を吸収しようとして負担がかかります。この可動域不全が原因で、前腕や手首に過度な負担がかかり、腕や手にしびれが出たりなどの問題が発生する場合があります。

◎痺れの部位・状態で考えられる疾患

まず、親指から薬指までの親指側半分の手のひらだけが痺れている場合は、正中神経の障害と考えられます。

正中神経障害で、最も考えられる疾患は手根管症候群

初期の場合は、人差し指や中指だけに痺れがでる場合もあります。

そして、小指と薬指の小指側半分の痺れが出ている場合は、尺骨神経の障害が考えられます。

尺骨神経障害で、最も考えられる疾患は肘部管症候群

親指・人差し指・中指の手の甲に痺れが出て、手首を背屈しにくかったら、橈骨神経麻痺が考えられます。

手の甲・前腕・上腕が痺れている場合や、両手が痺れている場合は頸椎症や頸椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群などが考えられます。

また、片側の手足がしびれる場合や、口の周りなども痺れる場合は脳障害なども考えられますので、その場合病院での診察をおすすめします。

◎どうすればしびれがなくなりますか?

先ほど書いた姿勢不良による頸椎圧迫や神経圧迫が原因になっていることがほとんどなので、それらの問題を解決する事が、症状を改善するための近道です。

姿勢不良や肩甲骨の可動域不全には、骨盤の歪みが大きく影響します。
骨盤が歪むと、それに連動して背骨全体に歪みが生じることがあります。この歪みが体全体に広がり、特に腰や背中、首などに負担がかかることがあります。正確な姿勢を維持することが難しくなり、結果として姿勢が崩れ、肩甲骨の可動域にも影響を与えることがあります。

そのため、SBC東京接骨院では姿勢不良を改善するため、骨盤矯正猫背矯正をオススメしています。

SBC東京接骨院浦安院 中村嘉博

SBC東京接骨院では腕や手にしびれが出ている原因をカウンセリングと検査によって探り出します。その原因に対して、一人ひとりにあったオーダーメイドの施術を提供します。

腕や手のしびれでお悩みの方は、浦安にありますSBC東京接骨院にご相談ください!

当院で行う治療法

骨盤矯正や姿勢改善、手や腕のしびれに対する治療計画の提供は、健康問題に対処する上で非常に重要です。

姿勢の乱れや骨盤の歪みが全身のバランスに影響し、痛みや不調を引き起こす可能性があります。そのため、骨盤矯正や姿勢改善を通じて体のバランスを整えることは、痛みを軽減または予防するのに役立ちます。特に、穏やかで体への負担が少ない治療法は、多くの人に受け入れられやすいです。

手や腕のしびれに対する適切な治療プランの提供は、非常に重要です。しびれの原因は神経や姿勢の問題に起因することがあります。まずは適切な検査を行い、しびれの根本的な原因を特定します。その後、個々の状況に合わせた治療プランを立て、症状の改善や再発の予防に取り組みます。しびれの原因は多岐にわたるため、専門家の指導を受けながら適切な治療を行うことが重要です。

整骨院で提供される総合的な治療アプローチは、患者様の健康と快適さを改善するために欠かせません。手や腕のしびれや姿勢の問題に苦しむ人々に対して、適切なアドバイスと治療を提供することで、健康的な生活を取り戻すお手伝いができます。早めの相談と適切な治療は、症状の進行を防ぐために極めて重要です。整骨院では、患者の状態やニーズに応じて、効果的な施術や運動療法、姿勢改善のアドバイスを提供し、患者の不快感や痛みを軽減し、健康な生活を支援します。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

SBC東京接骨院グループの手・腕のしびれに対する施術|浦安

  • 丁寧なカウンセリングと適切な検査

    カウンセリング

    SBC東京接骨院では丁寧なカウンセリングと検査を国家資格を所持しているスタッフがします。
    カウンセリングシートに書いていただいた情報と検査結果をもとに腕や手にしびれが出ている原因を探り出します。

  • 検査結果に基づいた優しい施術

    施術

    腕や手のしびれの改善には、正しい姿勢の改善が基本であると考えられています。正しい姿勢をとることで神経圧迫が軽減され症状の緩和が期待できます。
    SBC東京接骨院グループではカウンセリングと検査から、根本原因を探り、個々の患者様にあったソフトで優しい施術を提供します。

  • 姿勢改善と症状をぶり返さない身体づくり

    ご予約優先制でお待たせしません

    繰り返しの施術を行うことで、正しい姿勢を作り姿勢を制御するインナーマッスルを楽トレという電気トレーニングマシンを使って歪まない身体づくりを目指します。
    痛みやしびれで悩んでいる方は、是非SBC東京接骨院グループにご来院下さい。

お客様の声

手の痺れ 60代男性

手の痺れが強く訪問しました。
原因や症状についてしっかり説明いただき、信頼できました。
痺れも良くなっています。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

手の痺れ 30代女性

朝起きたら手が痺れて近くのSBCさんに伺いました。
施術していただきかなり良くなりました。
対応も親切にしていただきました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る