脊柱管狭窄症

このようなお悩みはありませんか?
  1. 歩いていると腰に痛みが出てきて歩けなくなってしまう
  2. 歩いていると足先にしびれが出てくる
  3. 腰の痛み・足のしびれで困っている
  4. 病院で腰部脊柱管狭窄症と診断されたが、手術はしたくない
  5. 家事・仕事・日常生活で支障が出て困っている
2023年11月14日浦安富士見にSBC東京接骨院浦安院がNEWOPEN!
1日3名様限定初回特別割引
通常5,500円が1,980円に!

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは背骨(脊椎)の脊柱管という神経組織が通る管の部分に圧迫がかかる整形外科的な疾患です。

原因:

  1. 加齢による変形: 年齢とともに脊椎の構造が変化し、脊柱管が狭まることがあります。
  2. 重労働: 長時間の重労働が脊椎に負担をかけ、脊柱管が狭まる可能性があります。
  3. 腰椎椎間板ヘルニア: 椎間板の異常が脊柱管に影響を与え、狭窄を引き起こすことがあります。
  4. 骨粗鬆症: 骨密度の低下が脊柱管狭窄を促進することがあります。
  5. 腫瘍: 腫瘍が脊柱管に影響を与え、狭窄を引き起こす可能性があります。

症状:

  • 腰痛が出る場合もありますが、主な症状は下肢の痛み・しびれであり歩行時に腰を反ることで、症状が悪化することが多いです。
  • 前屈みで休むことで脊柱管が広がり、歩行が改善される「間欠性跛行」が見られます。
  • 睡眠中の体勢により反り腰が強くなり、足のしびれが朝起きてからしばらく続くことがあります。

発症の時期:

  • 加齢による変形が主な原因であるため、中高年以降に多く見られます。

脊柱管狭窄症に対する対処

脊柱管狭窄症において、適切な姿勢を保ちながら歩行することが非常に重要です。不適切な姿勢では、脊柱管が余計に狭窄し、症状が悪化しやすくなります。

  1. 姿勢の正確性: 正しい姿勢を維持することは、脊柱管狭窄症の管理において重要です。特に歩行時には、背中をまっすぐに保ち、無理なく身体を支えることが大切です。
  2. 悪い姿勢と狭窄の関係: 悪い姿勢では、脊柱管が不必要に狭くなり、それに伴って症状が現れやすくなります。意識的に正しい姿勢を心掛けましょう。
  3. 進行した場合の症状: 脊柱管狭窄症が進行すると、単なるしびれや筋力低下だけでなく、「膀胱直腸障害」と呼ばれる状態が発生することがあります。これにより、排尿や排便の制御が難しくなります。
  4. 膀胱直腸障害への注意: 進行した症状には膀胱直腸障害が含まれ、場合によっては手術が必要となることもあります。

下肢の痛み・しびれがある場合は早めにSBC東京接骨院にご来院ください。早めの施術を行うことで早期の症状改善が期待できます。進行がひどい場合はSBC湘南美容グループの整形外科に紹介も可能です。お困りの方は一度SBC東京接骨院にてご相談ください。

脊柱管狭窄症の施術方法★

SBC東京接骨院では、脊柱管狭窄症でお悩みの患者様に対して、症状の緩和とその状態を維持するための施術を行なっています。接骨院での脊柱管狭窄症の治療は保存療法であり、疾患の完治は難しいですが、症状の改善やその状態を維持することは可能です。

姿勢不良や筋肉の緊張を取り除くことで神経の圧迫を緩和できます。そのため、当院では姿勢矯正や電気治療、手技療法をはじめ、独自の治療方法を使い、脊柱管狭窄症の症状を軽減するように治療を行っています。

腰部脊柱管狭窄症の症状改善の治療法として、様々な方法が効果的ですが、患者様のお身体の状態に合わせて適切な治療法を使い分けています。患者様に合った治療プランを立て、症状の改善と生活の質の向上に向けてサポートいたします。

◎骨盤矯正プログラム・猫背矯正

脊柱管狭窄症は神経の圧迫によって症状が現れるため、保存療法は神経圧迫する要因を取り除くことが重要です。特に姿勢不良は神経を圧迫しやすく、症状が悪化する可能性が高いです。また、脊柱管狭窄症の痛みから逃れようとして変な姿勢をとることがあり、これによって姿勢が悪化することもあります。

SBC東京接骨院では、脊柱管狭窄症の症状改善のために姿勢改善とともに、腰回りに影響を与える筋肉の緊張を取り除くことを重視しています。また、症状が治まった後も再発を防ぐための予防策も併せて行っています。

脊柱管狭窄症における痛みの原因は骨盤の歪みだけでなく、猫背や巻き肩なども腰回りや臀部回りの筋肉の緊張に影響を与え、神経圧迫を引き起こす可能性があります。そのため、患者様のお身体の状態に応じて、骨盤以外のアプローチも行い、症状改善を目指します。

■腰の筋肉について

腰の筋肉は非常に大きく、分厚い特徴があります。これらの筋肉は日常生活の影響を受けやすく、長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしの姿勢でも状態が悪化しやすいです。

脊柱管狭窄症の場合、脊柱管の狭窄した部分を完治しようとすると観血療法(手術)が必要になることがあります。しかし、腰の筋肉の状態を改善することで症状の改善が見込める場合もあります。腰の筋肉が強化され、適切な姿勢が保たれることで、脊柱管にかかる圧力が軽減され、症状が緩和される可能性があります。

したがって、脊柱管狭窄症の場合でも、筋肉の状態を改善するための適切なエクササイズやストレッチ、姿勢の改善が重要です。これらの方法を通じて、症状の改善や悪化の防止に努めることができます。

◎楽トレ

楽トレは、スポーツ復帰の際の再発予防にも利用されます。特に、楽トレはインナーマッスル(体幹)を重点的に鍛えることに特化しています。体幹は姿勢維持に極めて重要な役割を果たします。この筋肉が弱いと、良くなった姿勢も時間の経過とともに元の悪い状態に戻ってしまうことがあります。

また、筋力強化によって腰部にかかる負担も軽減されるため、上からの重力による圧迫を軽減し、髄核の逸脱リスクを軽減することもできます。

当院で使用している楽トレは、世界で初めてインナーマッスルを鍛えることに特化した特許を取得した機械です。これにより、効果的なトレーニングを提供し、患者さんのリハビリテーションや再発防止に役立てています。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

SBC東京接骨院の脊柱管狭窄症に対する施術|浦安

  • カウンセリングと検査

    原因を特定するために、普段の日常生活やお仕事に関して詳しくカウンセリングします。
    姿勢の評価や検査、他に痛みの原因がないのか、普段の
    姿勢・家事・仕事など、体の負担に関して詳しく確認します。

  • ソフトで優しい施術

    施術

    全体的な歪みやバランスを改善するため、検査に基づいて身体の歪み、姿勢の矯正を行っていきます。

    矯正は痛みを伴わず、安心して受けられます。
    骨をボキボキするような整体・施術は怖い、痛いのが苦手という方でもソフトな施術で安心です。
    痛みや違和感を感じたら、浦安にあります、SBC東京接骨院グループにご相談ください。

  • 医師との連携が取れた接骨院グループ

    SBC東京接骨院スタッフ

    当接骨院は湘南美容外科クリニックの接骨院グループです。
    湘南美容外科のグループには整形外科クリニックもあり、医師との連携、また整形外科クリニックでの経験が豊富なスタッフが揃っています。
    痛みのを取り、身体を根本から見直して、痛みの出ない健康的な身体を作る手助けをいたします。
    症状が酷い場合は整形外科への紹介もスムーズです。

    浦安にお住まいで、慢性的な頚・肩の痛みや寝違えによる強い痛みでお悩みの方、他身体の様々な症状でお悩みの方はSBC東京接骨院にお気軽にご相談ください

お客様の声

脊柱管狭窄症 60代男性

腰の痛みで治療をしていただきました。治療初めの頃は買い物に行っても
15分も歩けないくらいでしたが1ヵ月ほどで、かなり楽になりました。
身体の状態をていねいに説明してくれたのが良かったです。
また痛くなったらよろしくお願いします。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

脊柱管狭窄症 60代男性

腰痛で通うようになりました。痺れもだいぶ楽になり日常生活がおくれています。ありがとうございました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る