変形性膝関節症

このようなお悩みはありませんか?
  1. 膝が痛くてまともに歩けない
  2. 階段の昇り降りがつらい
  3. 動き出すとき膝に痛みがある
  4. 電気やマッサージをしてもすぐに痛くなる
  5. 立ったり座ったりするときに膝が痛い
2023年11月14日浦安富士見にSBC東京接骨院浦安院がNEWOPEN!
1日3名様限定初回特別割引
通常5,500円が1,980円に!

変形性膝関節症とはいったい何?

変形性膝関節症は、膝関節の中にある関節軟骨が摩耗し、それによって関節内に慢性的な炎症や変形が生じる疾患です。この結果、膝に水が溜まったり痛みが発生することがあります。この病気は男性よりも女性に多く見られ、特に40代以降の年齢層で罹患率が高くなります。

変形性膝関節症では、関節内で骨棘や関節裂隙の狭小化などの変形が見られることがあります。これにより、膝が外側に向くO脚(外反膝)が生じることもあります。これらの変形が関節内に炎症を引き起こし、結果として膝に水が溜まります。膝に水が溜まると、膝の可動域が制限されたり痛みが増すことがあります。

膝の水を何度も抜く必要がある場合、それは膝関節内に慢性的な炎症があるためです。このような症状に悩む方は、炎症を抑える方法を探ることで、膝の水を抜く回数を減らすことができます。

あなたは変形性膝関節症の嘘に騙されていませんか!?

実際に膝の痛みで当院を訪れる患者様の中で、変形性膝関節症と診断されたという方は多いです。

様々な整形外科や整体院や整骨院を訪れ、これまで膝に対して注射やストレッチ、マッサージ、電気などの施術を何回も受けてこられた方は多いと思います。

「果たして、これらの施術で膝の痛みが良くなりましたか?」

おそらく、この文章を読んでいるということは、これらの施術では変形性膝関節症の痛みが改善されなかったり、痛みが一時的に消失してもすぐぶり返してきしまった人が大半かと思われます。

痛みは原因があるから発生しますが、その原因が分からないまま膝に対して電気やマッサージや薬で対処するだけでは、痛みの根本原因はどんどん悪化していく一方です。

あなたは変形性膝関節症の痛み・膝に痛みが出ている本当の原因を知りたくありませんか?

画像診断だけでは痛みのすべての原因を見抜けないという真実

レントゲン検査をした結果「骨には異常がないので大丈夫です。痛み止めで様子を見ましょう」といった言葉で、結局何も手立てをされなかった経験はありませんか?

実際の画像では異常が見受けられない場合、変形性膝関節症の痛みの原因が不明瞭なため、このような所見・対応になることはよくあります。

その結果、多くの場合は電気やマッサージ、痛み止めの薬などで一時的に対処し痛みや変形がひどくなった人は手術を行うといった形で治療するという方法でした。

いつまで「原因のわからない画像所見、効果のない施術」にお金と時間を費やし続けなければならないのか?

しかし、安心してください!

あなたは今から変形性膝関節症の痛みの根本原因を知ることができます!

これを知ることで、もう変形性膝関節症の痛みに対する混乱や誤解に惑わされることはありません。

数多くの整骨院・整体院の中で、SBC東京接骨院のホームページをご覧いただいたあなただけにお伝えします。

変形性膝関節症の痛みの真実とは?

膝の痛みの原因は『筋肉』『骨盤』です。

変形性膝関節症の痛みは、膝にマッサージや電気をかけたり、ストレッチをしても一時的に緩和しますが根本的には改善されません。

膝を揉んで痛みが一時的に楽になるのは、マッサージや電気をあてることで、筋肉が柔らかくなり血流が改善されることで起こります。

しかし、骨盤や背骨の歪みがあると、腰やお尻の筋肉が緊張してしまうので、それを解消するために姿勢改善を行い、骨盤を安定化させる筋肉(インナーマッスル)を強化しない限り、膝の痛みの根本原因を解決できません。

慢性化した変形性膝関節症の痛みはどうせ良くならないからと思い放置してしまう人もいますが、仕方がないと諦めてしまうと、さらに身体の歪みが進行することで筋肉が硬くなり、神経を圧迫したり血流が悪くなり、足先のシビレや足に力が入らなったりします。

どうせ治らないからと諦めずにSBC東京接骨院にご相談ください。当院では、膝の痛みの原因を特定し、変形性膝関節症による痛みが出にくい身体づくりをサポートします。

変形性膝関節症の施術方法

変形性膝関節症は早期の治療が重要です。

初期段階では、痛みが軽度であったり、痛みがあっても年齢のせいだと諦めがちで、治療を受ける人は少ないかもしれません。しかし、初期段階での治療は症状の軽減や改善が期待できます。

変形した関節は治療で元の状態に戻すことは難しいかもしれませんが、症状の進行を防ぐことで日常生活をより快適に送ることができます。また、膝にかかる負荷を減らすために、股関節や骨盤などの調整も重要です。

◎骨盤矯正・猫背矯正

膝が変形することで、膝への荷重が不安定になり、体重の負担が偏ってしまい、腰や反対の膝などに負担がかかることがあります。

そのため、変形性膝関節症の治療だけでなく、膝への負荷をできるだけ減らすことも重要です。

当院では、骨盤の調整や筋肉の状態の改善などを行うことで、症状の改善だけでなく、将来的な悪化を防ぐ予防策も同時に行っています。

また、当院ではバキバキとした矯正法は行わず、優しい施術を心がけていますので、女性やお子様でも安心して治療を受けることができます。

◎変形性膝関節症に効果的な電気治療

ハイボルト

症状が強い場合には、ハイボルト療法がよく使用されます。

ハイボルト療法には大きく3つの効果があります。

  1. 痛みを抑える: 短時間で早期に痛みの緩和ができる効果があります。
  2. 組織の早期回復を促進: 微弱電流によって傷ついた組織の早期回復を促進します。
  3. 痛めた場所を特定する: 痛めた場所を特定し、治療を的確に行うことができます。

変形性膝関節症では、膝の軟骨同士がすり減ることで慢性的な炎症を起こします。そのため、炎症を抑えることが重要です。

ハイボルト療法では、微弱電流(マイクロカレント)を患部に流すことで、体の中の細胞を刺激し自己治癒力を活性化させます。これにより、炎症が早期に抑えられ、痛みも早期に改善されることが期待されます。

微弱電流は非常に弱いため、体感としてはあまり電気を感じません。しかし、体の中ではしっかりと治療効果が得られます。そのため、電気の刺激が苦手な方でも安心して受けることができます。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

SBC東京接骨院の変形性膝関節症に対する施術|浦安

  • 本当の原因を突き止めます。

    SBC東京接骨院ではカウンセリングと検査に時間をかけて、膝の痛みの原因を探し出します。
    変形性膝関節症の痛みでお悩みの方で、膝だけが悪いという方は多くありません。
    しっかりと検査を行い、他に原因ないかを一緒に突き止めましょう。

  • ボキボキしない優しい施術

    SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

    SBC東京接骨院では、ボキボキといった強い刺激の整体・施術は行いません。
    誰でも受けていただける優しい手技で、姿勢改善、矯正を行います。
    どこにいっても痛みが消えないという方は、是非SBC東京接骨院にご相談ください。

  • 痛みの出ない身体づくりをサポートします。

    ご予約優先制でお待たせしません

    姿勢改善と同時にインナーマッスルを強化して、歪みが出にく身体づくりをサポートします。
    SBC東京接骨院では『楽トレ』という特殊な電気機器を使い、寝ながらインナーマッスルを強化できます。
    痛みを消して、痛みの出ない身体を一緒に作っていきましょう。
    変形性膝関節症でお悩みの方はSBC東京接骨院にご来院ください。

患者様の声

50代女性 膝の痛み

病院で治療を受けていましたがなかなかよくならないのでお世話になりました。
ずっと痛みが続いていましたが、徐々に痛みが良くなり今では普通に歩けるようになりました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

40代女性 膝の痛み

階段の上り下りや犬の散歩で膝が痛く、整形外科で変形性膝関節症と診断され痛み止めや注射、マッサージを受けていましたが痛みがひどくなる一方だったのでSBC東京接骨院さんに診察をお願いしました。1回目の施術で痛みが和らぎ曲がるようになり驚きました。今では孫とお買い物に行ったり犬の散歩にも行けるようになり感謝しています。お世話になりました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る