関節痛

このようなお悩みはありませんか?
膝が痛い女性
  1. 最近、膝が痛む
  2. 片方の靴の底が摩耗している
  3. 膝だけでなく、腰も痛い
  4. 股関節を動かすと、痛みがでる
  5. 寝ていると関節の痛みで目を覚ます
2023年11月14日浦安富士見にSBC東京接骨院浦安院がNEWOPEN!
1日3名様限定初回特別割引
通常5,500円が1,980円に!

関節の痛みの原因とは?

40~50歳の年齢層では、関節痛が比較的一般的であり、60歳以上になると約80%の人々がある関節で痛みや変形を経験すると言われています。これは全ての人に当てはまるわけではありませんが、関節内の軟骨が年齢とともに薄くなり、炎症や水分の蓄積によって痛みが生じやすくなる傾向があるためです

特に、膝の痛みは関節痛の中でも非常に一般的です。これは膝関節を覆い、衝撃を緩和し、関節の滑らかな動きをサポートする軟骨が、加齢や肥満、身体のゆがみなどの要因によって減少し、結果的に関節の変形や炎症が引き起こされるためです

膝痛

膝痛は、厳密に言うと膝関節の痛みです。この関節は体重がかかると、軟骨がクッション材の代わりとなり摩擦を軽減し、靭帯や筋肉が衝撃をカバーする役割を果たしています。しかし、加齢に伴う骨の代謝の低下や軟骨にストレスがかかり、膝痛の原因となります。

股関節痛

股関節の痛みは主に2つに分けられます。一つは股関節自体に問題がある場合、もう1つは腰周辺の問題がある場合です。

腰周辺に問題がある場合、椎間板ヘルニアや腰部脊椎柱管狭窄症などが考えられます。これらは、時々、腰痛を伴いますが、股関節だけが痛むこともあります。股関節を様々な方向に動かし、痛みが無ければ、股関節が問題ではないと判断する場合もあります。

関節痛の原因は無視できません!手足に痺れがある方は危険です!

関節痛には、炎症を伴うものと伴わないものの両方があります。

炎症を伴う関節痛は、関節内での炎症反応が原因とされます。関節リウマチや関節炎などがこれに該当し、炎症が進行すると関節に変形や機能障害が生じる可能性があります。早期の診断と治療が重要です。

一方、炎症を伴わない関節痛は、ストレスや加齢などが原因とされます。線維筋痛症や変形性膝関節症などがこれに当てはまります。適切な治療によって改善が期待できます。

関節の痛みや不快感に悩む場合は、医師や専門家に遠慮せずに相談することをお勧めします。早期の対処が症状の進行を防ぎ、健康を維持するために重要です。

関節痛の治療内容は?

当院では、関節痛に対するアプローチは痛みの緩和だけでなく、その根本原因への対処を重視しています。関節痛は一時的な症状だけでなく、その背後には様々な要因が存在します。特に女性の患者様に対しては、関節の特性や筋肉の弱さなどを考慮し、総合的な治療を提供しています。適切な治療とともに、筋力トレーニングや姿勢改善などのアプローチも行い、患者様の健康な関節機能を促進しています。

当施設では、患者様の身体のバランスを整え、関節への負担を軽減する施術を提供しています。これにより、痛みを和らげるだけでなく、症状の根本原因にアプローチし、長期的な健康を促進しています。関節の不快感や痛みにお困りの場合は、お気軽にご相談ください。

関節痛の予防はできる?

関節痛を予防するための方法についてご紹介いたします。

  1. 筋肉を鍛えることが大切です。関節の健康を維持するためには、周囲の筋肉を強化することが必要です。定期的なストレッチや適切な運動を取り入れることをおすすめします。特に水中ウォーキング、ストレッチ、ヨガ、ハイキングなどが関節をサポートします。
  2. 適度な体重を維持することが重要です。過体重は関節に余分な負荷をかけ、関節痛を引き起こす可能性があります。バランスの取れた食事と運動によって、健康な体重を維持しましょう。
  3. 適切な姿勢を保つことも予防に役立ちます。長時間の不適切な姿勢は関節に負担をかけ、関節痛を引き起こす原因になります。デスクワークをする際や立ち仕事をする際には、姿勢に気を配りましょう。
  4. 過度な負荷や急激な運動は避けるようにしましょう。関節に過度のストレスをかけることは、関節痛や損傷を引き起こす可能性があります。運動や活動量を徐々に増やし、無理なく体を動かすことが大切です。

以上の方法を実践することで、関節の健康を維持し、関節痛を予防することができます。

関節痛や不調を感じた場合は、遠慮せずに相談してくださいね。早期の対応が関節の健康を保つために重要です。お身体の状態を適切に評価し、適切なアドバイスや治療方法を提供します。どんな些細なことでも気軽にご相談ください。あなたの健康をサポートするためにお手伝いいたします。

約70%が実感。SBC東京接骨院の『筋弛緩術』であの痛みも一瞬で無くなる。

SBC東京接骨院グループはただの接骨院とは違います!

患者様の約70%が「なんでこんな簡単な施術で身体が動くようになったのだろう!まるで魔法みたい」と最短1日、長いものでも30日で効果を実感!

それは日本でごく数人の施術師しか技術を要していない、『筋弛緩術』を施しているからです。『筋弛緩術』は神経伝達を正常に戻し一瞬で筋肉が柔らくなり、痛みがなくなる施術です。

痛みは筋肉が硬くなり、神経が圧迫されると感じます。筋肉の硬さを引き起こす原因は神経伝達の異常です。筋肉を揉むだけでは痛みは取れません。

だから、SBC東京接骨院は特別な『筋弛緩術』により神経伝達を正常に戻し、一瞬で筋肉が柔らかくなり、痛みがなくなるのです。

適度な筋力と身体のバランスが必要!

身体の歪みは、膝や腰の痛みとして現れることがよくあります。膝やふくらはぎが硬くなり、筋力が不足していると、身体が歪む可能性が大きくなります。浦安にあります、SBC東京接骨院グループは加齢やスポーツによる痛みでも、身体のバランスを正しく、筋力を均等に鍛えることが重要と考えております

特に子供も大人もスポーツを楽しんでいる方は、筋肉の不均衡が身体のバランスに悪影響を及ぼすことがあります。歩行やスポーツのスタイルを見直し、膝に負担をかける原因を特定することが必要です。

また、股関節痛は足を動かす際に違和感や痛みが起き、両方の足の長さの違いが現れるのが一般的です。立ち上げる時などポキポキ音が鳴る場合は、関節の変形が進行している事も考えられます。

浦安のSBC東京接骨院グループは身体の事を熟知したスタッフが対応いたします。安心してお任せください!

SBC東京接骨院グループの関節痛施術|浦安

  • しっかりとカウンセリング・検査

    カウンセリング

    原因を特定するために、普段の日常生活について詳しくカウンセリングします。姿勢の評価や筋力のチェック、他に痛みの原因がないか、普段はどのような姿勢・家事・仕事・スポーツなどしているか、詳しく確認します。

    当接骨院では年齢に関係なく、スポーツに携わる方の膝や股関節の痛みにも対応しています。

  • 骨盤矯正×筋肉調整

    SBC東京接骨院スタッフ

    全体的な歪みやバランスを改善するため、骨盤矯正と筋肉調整を行います。

    骨盤矯正は痛みを伴わず、安心して受けられます。骨盤の調整にはインナーマッスルの強化が重要で、これが弱ると膝や股関節などに影響を及ぼします。

    インナーマッスルのアプローチも専門的に行い、楽にトレーニングできる「楽トレ」を活用しております。

    トレーニングが苦手な方や筋力の弱い女性や高齢者にも対応できるので、痛みや違和感を感じたら、浦安にあります、SBC東京接骨院グループにご相談ください。

  • 施術は優しい手技でおこないます

    施術

    SBC東京接骨院は主に手技による施術を行っています。身体に負担をかけない施術ですのでご安心ください。

    膝や股関節などの痛みを抱えている方々は、関節だけでなく全身の歪みが、それぞれの関節に負担をかけている可能性があります。

    膝、股関節の痛みについて悩んでいる方はお任せください!

お客様の声

膝の関節の痛み 40代男性

今まで接骨院に言ったことが無かったので不安でしたが、丁寧に対応してくれました。
痛みも徐々に良くなっていくのが分かったので安心して施術を受けられました。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

股関節の痛み 60代女性

股関節の痛みでお世話になりました。
姿勢が悪いことが股関節の痛みの原因と教えていただき、治療を開始しました。
今では痛みも7割ほどなくなりました。
身体の状態を知ることができ、痛みも改善されて本当に良かったです。
これからもよろしくお願いいたします。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

執筆者の紹介

SBC東京接骨院浦安院院長 太郎良 光

執筆者:柔道整復師

院長:太郎良 光

SBC東京接骨院浦安院院長の柔道整復師:太郎良 光です。

私は小学校は野球、中学高校はバスケットボールをしていて、何度も怪我を経験し、接骨院にお世話になり柔道整復師という職業を知り、今は自分の仕事として沢山の患者さんの治療をさせて頂いております。

資格を取ってからは、整形外科クリニックに就職し、そこで様々な外傷や慢性疾患の経験を積み、このたびSBC東京接骨院浦安院の院長として就任しました。

当院では姿勢改善を得意としております。 長年の痛みや姿勢の歪みが気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提供させていただきます。

2010年3月 柔道整復師免許取得
2010年4月〜高洲整形外科勤務
2015年4月〜両国みどりクリニック主任
2018年8月〜高洲整形外科主任
2022年10月〜新小岩整形外科主任
2023年11月〜SBC東京接骨院浦安院 院長

ページの上部へ戻る